日々の手作りや、料理の写真など。しばらくお休みさせていただいております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいいたします

昨年は更新が出来ず、悔しい思いをしましたが、
今年は更新できるように体調を整えていきたいと思っています。
なかなか、他のブロガーさんのブログにも遊びにいけなくて申し訳ありませんでした。

体調の方は、理学療法士をしている弟の紹介で
オステオパシーという脳の筋膜を動かすという治療を
定期的に受けるようになったのですが、
あと4回で終わるそうなので、今より良くなるといいな、と思っています。
婦人科の検査は予約が取れなくて、今月受けることになったのですが、
いい結果がでることを祈っています。

今、週6で働いて家計を支えてくれている母が体調を崩していて、
私もそろそろフルタイムで働いてきちんと収入を得たい、と思っています。
今の立つことの多い仕事内容だと体力的にやっていけないので
他の部署に移してもらえないか、今月会社に相談してみる予定でいます。

甘酒で作った料理のレシピが増えてきたので、少しずつ載せていけたらな、と考えています。
また、再開した際にはご覧いただければ幸いです。
よろしくおねがいいたします。


スポンサーサイト
2015.01.01 / Top↑
なかなか更新できず、申し訳ありません。

九月に体調が悪化してしまい、それからやることが溜まってしまって更新ができませんでした。
これまでの期間にコメントくださった方、ありがとうございます。
ご心配おかけして申し訳ありません。いつも優しい心遣いをしていただき、励みにしております。

一時体調が良くなっていたと思っていたのですが、
九月に入ってから、退院してきてまもなくの時と同じような感じになって、
脳の方の問題なのかメガネをかけていても目が良く見えず、
ふらついてまっすぐ歩くのも難しい上、まともに思考ができなくなってしまいました。

九月から十月半ばまでの記憶がほぼ飛んでいて、真っ白です。

お仕事だけは休めないので、行っていました。
何をしたかほとんど覚えていないのですが、単純作業なのもあり、
今の段階で過去に特にミスがあったようではないので、
なんとかやってたようです。

今は良くなってきて、また更新できそうかな、という感じなのですが、、
体調悪化で受けたかった昇級試験も受けられず、
行けるはずだった病院見学も諦め、他も後回しにしてしまって滞っていることがあり、
それを解消しないと完全に楽しみでやっているレシピブログを
再開するのに気後れする部分があります。
そのため、一回、区切りを入れる為にお休み状態とさせて頂きたく思います。

主治医の先生の指示で、来月、婦人科の検査を一通り受けるので、
その結果次第でブログをどうするか、また考えていこうと思います。
頭が回らなくて新しいメニューを考案するのが難しかったら、
今までのレシピをリメイクしてくのでもいいかな、とも思っています。


2014.11.12 / Top↑
image (1) (400x300)

 健康のために白砂糖をとるのを止めて手作り甘酒に切り替えて三週間くらいになります。
 効果として、肌あれには即効性がありました。ビタミンB群や葉酸などの普段の食生活で
取りづらかった栄養のバランスが改善されたみたいです。
 今のお仕事内容は倉庫で衣類を扱っているので、ほこりで肌がすぐ荒れて痒くなってしまうのですが、
潤いやすくなったせいかかゆみが改善しました。
 
 平安時代に甘酒を牛乳と混ぜたものを「醍醐(ダイゴ)」といっていたそうで、
(もとはインドでヨーグルトのような物をそう呼んでいたそうですが、日本に入ってきて
甘酒を使ったものになったそうです)醍醐味という言葉はここからきているそうです。
 その、「醍醐」をおやつ代わりに飲むようにしています。


 (追記)ブログに写真とレシピを載せるのを忘れておりました。追記いたします。(7/22)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「鍋で作るカンタン甘酒」 

 時間:4~8時間  (調理時間は合計で15分くらいです)

 ★量は、おかゆ1合分+板麹1パック(200g)で、18センチ径くらいの小さめのお鍋の
で水かさが八分目ほどくらいに出来ます。私はおかゆ3合分+板麹3パック(600g)で
作っています。作る量で発酵時間は変わらないので、多めに作れるなら作ってしまった方が
温度が下がりにくくて加熱頻度が少なくなるので楽です。


 材料:
 
 ・おかゆ  適量(米一合に対して、450ccを目安に手持ちの鍋で作りやすい量)

 ・板麹 適量(米一合のおかゆに対して、200gで、適量用意)

道具:
 
 ・鍋
 ・温度計
 ・バスタオルなど保温に使えるもの

作り方:

 0.鍋におかゆを作る。板麹を袋に入れた状態で揉み、ほぐす。

 image (2) (400x300)


 1.おかゆを65度くらいまで熱した後、火を止めて板麹を混ぜ入れる。
  再度、加熱して再度65度くらいまで加熱。鍋ごとバスタオルなどで包んで保温。

image (3) (400x300)


  ※70度以上になると酸っぱく発酵してしまうので注意。
  酸っぱくなってしまった場合も、お酢のように使ってドレッシングにしたりすれば食べられます。

 ↓一時間後

 2.上手くいっていれば、すでに少し甘くなってきているので味見してみる。
  再度加熱して、65度前後にする。

  ↓一時間ごとに2.を繰り返す。  
   四時間後には美味しく飲める。
   ただ、もっと甘くした方が砂糖の代わりとして使いやすいので、
   余裕があったら8時間後くらいまで発酵させるといい。
   
  保温が良くされているようなら、二時間に一回とか、もっと再加熱までの時間を空けて大丈夫です。
  今は夏で熱が冷めにくいので、二時間~三時間に一回再加熱しただけで作れています。  
  冷蔵庫で一週間くらい保存できます。
  炊飯器で作ると、ご飯が炊けなくなってしまうので・・・という方はよかったらお試しください。
  ほとんどほったらかしでいいので、作ってみると案外カンタンです。

 «火入れ»

 作った後、火入れという作業をすると、甘みがとても強くなります。
 麹菌が死ぬ寸前の温度でぐつぐつ煮ることで、最後の力をふりしぼってすごい甘みを出すからだそうです。
 保存も一か月くらい出来るようになって、砂糖代わりに料理に使いやすくなります。
 
 ただ、麹菌が出してくれた酵素が熱によって働かなくなってしまうので、消化を助けたり、毒素を排出したりといった
美肌に効きそうな効果は弱まるみたいです。
 ナイアシンなどの熱に強い成分は残るので、白砂糖を使うよりは栄養的に優秀です。

 やり方:

 出来立ての甘酒をぐつぐつ、五分くらい煮るだけです。

 私は、生で食べる分と、火入れして調理に使う分を半々に分けて作っています。   


 

 






2014.07.18 / Top↑
体調が久しぶりにいいので、更新します。

五月になって、おなかが治ったと思ったら風邪をひいてしまって
寝込んでることが多かったのですが、なんとか治りました。
四月にほとんど食べてなかったのが後を引いているのか、
十分食べて寝ているのですが体温が上がりづらく、未だに足首にカイロ貼って仕事しています。
冷え防止に、砂糖から甘酒に甘味料を切り替えたので、甘酒の作り方を次回は書こうと思っています。

今回は前に書いたメイク道具のお手入れのコツをちょっと書いてみます。

粉を固めた系のアイシャドーやチークに使えるやり方です。
メイクポーチに入れておいて、揺れで粉が舞ってしまった時などに。





  ・・・・・・・・・・・アイシャドーやチークのお手入れ・・・・・・・・・・・・

   用意するもの:

   綿棒、乳液(ホホバやオリーブなどのオイルでも可)、ティッシュ、ウェットティッシュ

   (プラスチック部分)

   周りをかこっているプラスチック部分は、油分が含まれているものでふき取ります。
   綿棒の先を指先で平らにつぶします。乳液を先端に少しつけ、それでふきとります。
   ふき取って汚れが綺麗になった後は、
   ウェットティッシュを使ってプラスチックに残った乳液をふき取ってできあがりです。

     image (1)


 
   (ブラシ)

   プラスチックの部分は上と同様にします。 
   綺麗にする面積が広かったらティッシュに乳液を含ませて拭き取ります。

   毛の部分はティッシュの上で何度か往復させて粉を払います。
   ブラシは基本的に水をつけて洗わない方が良いもので、さらに洗うと完全に乾かすのに二日とかかってしまうため、
   ふき取りできれいにするのがお勧めです。
   汚れがひどい場合は、ふき取りタイプのブラシクリーナーを使うといいです。

     brush.jpg



  ★出来上がり

  これくらい綺麗になります。
  粉が固めてある部分自体を綺麗にしたければ、ティッシュを小さめに四角く折りたたんだもので
  表面を拭き取るといいです。

image_20140617101923c72.jpg





2014.06.17 / Top↑
再開したと思ったら、また更新が止まってしまって申し訳ありません。
四月に入って胃腸炎を起こしてしまい、ほとんど経口保水液と、たまにおかゆしか食べられない状況です。
非常に不健康に痩せました><

胃腸が傷ついていて食べても消化できないので、
家族の為に食事は作っているのですが、自分で食べて確認できたレシピが無いのです。
五月には治して再開したいと思っています。

あいまに、お化粧品の手入れの仕方とか、メイク関連の事を少し書こうかな、と思っています。
口紅の先端とかアイシャドーパレットのケース内とか、人前で出しても恥ずかしくないようにきれいに整える小技があるので。


三月にSPECT、四月にPET-CTという検査を受けたのですが、
これらの検査で放射線に反応させる為に注射で体に入れる造影剤各種が、
体に合わなくて体調が悪化している気がします。

今月末に理学療法士をしている弟の紹介で、
新幹線に乗って遠方の病院までオステオパシーという治療に行くので、それで良くなればいいなぁ、と思っています。
2014.04.20 / Top↑
 いつもお世話になっているレシピブログの「I☆My Cooking」のsnowさんが、
ねぎ味噌むすびを上げていらして、
久しぶりに葱味噌食べたいな、と思って豚肉とあわせてみました。

2014401.jpg

油は使わずに、豚肉から出る油で炒めるのでヘルシーだと思います。
お弁当にも詰めていきましたが美味しかったです。


  「豚の葱味噌和え」


人数:4人分 時間:15分

材料:

 ・豚こま肉 約500g

・塩麹 大さじ2

 ・酒 大さじ2


 (以下、葱味噌用)

 ・ネギ白い部分 2本分

 ―以下、A―

 ・味噌/酒/砂糖 大さじ2

 ・みりん/醤油 大さじ1



作り方
 

 1.フライパンに豚肉を入れて塩麹を箸を使ってまぜる(塩麹の力で柔らかくなる)。
   葱を切る間置いておく。

 2.葱をみじん切りにする。

 3.豚肉を炒める。色が変わってきたら酒を回しいれて酒気を飛ばす。

 4.豚肉を一回出して代わりに葱を入れて炒める。Aを入れて葱味噌を作る。
 
 5.豚肉をフライパンに戻して、葱味噌と絡めて出来上がり。
 

 気に入られたレシピがありましたら、押していただけると励みになります。
よろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



人気ブログランキングへ
 

 
2014.04.01 / Top↑

 再開します。

 最近、やっと生活が回りだした感じがします。
 手の震えの症状がなくなって、メイクする際にお客様の顔を傷つける心配がなくなり、
気が楽になりました。

 本当は、早く病院でやる患者の為のメイクがしたいのですが、
その前にアンチエイジングメイクの研修をクリアしていかないといけなくて、
傷のカバーの練習は同期の子たちと自主練で始めようかと話しています。
 私も手術跡が体にありますし、他の子も体に傷痕があるので
お互いカバーし合って練習しようと思っています。


image (640x480)

 
 久しぶりに新しいレシピです。
 カブは茎までやわらかくて食べられる小ぶりなものを使います。
 豚肉から出る油で炒めるので、油は使わずヘルシーだと思います。 
 

 「カブと豚ひき肉の梅風味煮」


人数:4人分 時間:15分

材料:

 ・豚ひき肉 約500g

・カブ 二個(茎も使う)

 ・醤油 適量


 ―以下、A―

 ・梅干し 大きめの2個

 ・砂糖 大さじ2

 ・酒 大さじ1

 ・みりん 大さじ4

 ・うま味調味料 顆粒パック一袋(5g)





作り方:

 
 1.フライパンにひき肉を入れて色が変わるまで炒める。
   その間に、カブを茎は5㎝位の長さ、根の部分は半分に割って5ミリ幅位に
   切り分ける。

 2.カブをフライパンに入れて蓋をして五分ほど蒸す。

 3.Aの梅干しをちぎって小さくし、他の材料と混ぜ合わせてフライパンに入れて味付け。
  最後に醤油で味を調えて出来上がり。



 気に入られたレシピがありましたら、押していただけると励みになります。
よろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



人気ブログランキングへ
 

 
2014.03.17 / Top↑
ずっと更新できなくて申し訳ありません。
ご心配頂いた方、ありがとうございます。

一月の終わりにやっと通いの仕事が見つかって、働けるようになりました。
今は時々ピラティスにも通って、筋力をつけてきています。

短期契約の繰り返し作業のお仕事で体力は使いますが耐えられる範囲ですし
都合に合わせて短時間勤務で雇って頂けたのでありがたいです。

とりあえず、一回お給料が入らないと落ち着かないので、
それが来たらブログをはじめようと思っています。


二回落ちたメイク講師資格試験もやっと受かりました。
四月からお客様相手にメイクをして報酬を受け取ってもいい事になります。

今、お金を頂ける施術内容として私が学んだ技術で提示できるのは主にアンチエイジングメイクなんですが、
すぐには対象となる年代のお客様を集めて講座を開くことはできないので、
上の講師のアシスタントに入って経験を積むことから始まります。
今はお仕事の合間に、その為の研修課題をやったり勉強会に行ったりしています。


(以前の仕事に関する記事は消しました。
レシピブログとして見て頂く方に使って頂きやすい良いものにするために、
自分本位な内容は余計だったと反省しました。)
2014.02.09 / Top↑
 しばらくお休みさせていただきます。

 八月が試験と仕事でずっと忙しく、
 九月の初めになって眩暈がして倒れ、そのまま動けなくなってしまうのが三日続きました。

 回復したらブログを書きたいと思っていたのですが、なかなかそうもいかないので、
しばらく休止させていただきます。


 病状に関しては主治医の先生に見て頂いたのですが、持病の再発ではなく、
ストレスと疲れが原因のようです。もともと薬で免疫を低く抑えているので、
体調崩すと治りにくいのです><

 通常時より上の血圧が30ほど下がってしまっまま、なかなか上がらなくて立ち上がると
すぐクラクラしてしまいます。

 今は、こまめに休みつつ、家で出来る仕事を探している所です。

 落ち着いたらまた再開します。
2013.09.23 / Top↑
もう一度、モバログから記事をUPできるか挑戦してみます。





最近、暑くなって来たので、お弁当を冷凍して職場に持って行き、自然解凍してたべています。

特別な作り方ではないですが、おかず三品のレシピを書いて行きます。今日は左端のレシピを。

ちなみに生野菜は案外、自然解凍でも美味しいです。紫蘇シャーベットや冷凍トマトといった凍らせて使う既製レシピがあるものだと使いやすいですね。

前の日の夜に弁当箱に詰めた状態で凍らせ、朝持って行くだけで保冷剤いらないので楽です。


夕飯のおかずを多めに作って入れているので、人数4人分でのレシピになります。

「ナスとミートソースのチーズのせ」

人数:4人分 時間:10分

材料:

・ナス 大きめの2本

・市販のスパゲティ用ミートソース 2人分

・白ワイン、中濃ソース 大さじ1ずつ

・プロセスチーズ 2枚

・乾燥バジル 適量

作り方:

0.ナスを輪切りにする。

1.ナスと少量の水をいれて、フライパンの蓋をして蒸し煮する。

2.だいたいナスに火が通ったら、ミートソース、白ワイン、中濃ソースを回し入れ、酒気をとばす。

3.2を皿に盛り、プロセスチーズを四等分して載せ、バジルをかけて出来上がり。冷凍庫へ。
2013.07.12 / Top↑
moblog_c5bd82f2_20130710191339.jpg


moblog_f5896fba_20130710191342.jpg
あんまりにも更新できないので、携帯から記事を投稿できるよう登録しました。うまく投稿できるといいのですが。
(追記:後からPCで確認したところ、画像が大きすぎていました。やっぱり携帯からの投稿はうまくいかないのでしょうか><)


 久しぶりにリビングの模様替えをして、涼しく見えるようにしました。帰り道にセリアが出来たので、そこで買ってきた物で作りました。白いハイビスカス柄の布、ボウル、ガラス瓶、飾りひも、船の絵、貝殻、写真立て、すべて100円のです。ガラス瓶にはケサランパサランを入れました。写真は私と弟の小さい時です。
 カーテンも水色に替えて。なんだか気分が軽くなりました(*^_^*)

2013.07.10 / Top↑
 ご無沙汰しております(>< )
 いつも拝見しているブログさんにも明日ご挨拶に行きます。
 長い間、コメントを出来ずにご無沙汰していて申し訳ないです。

 もう何日も書き込みが無いブログに出る広告が出てしまって、
書かなくちゃ、と焦っていたのですが、新しいレシピが思いつかず
なかなか更新出来ませんでした。やっとちょっと時間がとれたので、戻って参りました。

 messagepart.jpeg


 マグロの長芋和えが好きなのですが、手がかゆくなってしまって中々出来ないので、
似たような物を野菜でヘルシーにできないかな、と思って作ってみました。
 食感はともかく味は結構似せられて、家族には好評でした。

「トマトと豆腐で、マグロの長芋和え風」

 人数:4人分 時間:5分

 ・豆腐 一丁

 ・トマト 2個

 ・市販の和風だし 5g

・醤油 少々

 作り方:
 
 1.豆腐を軽く水切りする。トマトを一口大に切って、汁気を軽く手で絞る
  (汁は野菜スープに入れてしまいます)。

 2.1.と和風だしを混ぜ合わせる。

 3.香り付けに醤油を少々たらして出来あがり。


 実は最近、婚活をしています。年齢と身体のこともあるので早く結婚してこどもが欲しいのですが、
職場に女性しかいないので、男性と会う機会をお金出してでも作ろうと思って始めました。

 毎週のようにあるお見合いや交際で時間をとられていたのですが、最近交際していた方と
条件が折り合わず破談になってしまって時間が出来ました・・・(T T)
 
 お断りされたりすると先行きの不安が募って寝付けないくらい辛くもなるのですが、
まだ粘ってみようと思います。沢山の方とお見合いするなかでレシピを見て頂いて「食べてみたいです」と言って
頂けるのは自信につながっていて、マイナスよりもプラスが多いとも思うので。

 気に入られたレシピがありましたら、押していただけると励みになります。
よろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪


2013.06.08 / Top↑
 
 image.jpg


 写真もたまってきたので再開します〜。

 既存の春キャベツのレシピで塩+ニンニクすりおろし+油のものが
美味しかったので、アンチョビ炒めにも使ってみました。

 初めにフライパンに油とニンニクを入れて香り付けするのではなくて、
すりおろしたニンニクを直接混ぜて作ってみました。 
 ちょっと生ニンニクの味と香りが残るので、
油に香りを移したのとはひと味違って面白かったです。

 アンチョビの塩気があるので、塩はほんの少しで。
 
 家族には好評でした。
 私はお酒飲めないんですが、飲まれる方はおつまみにもいいかもしれません。


 「じゃがいものアンチョビガーリック炒め」

 時間:15分 人数:4人分

 ・じゃがいも 大きめの3個(小さかったら4個)

 ・アンチョビ 2〜3尾

 ・にんにく おろしたもの小さじ1/2

 ・オリーブオイル 適量

 ・塩 少々

 作り方:

 1.じゃがいもをレンジで加熱して、茹でる。一口大に切り分ける。
   アンチョビを1㎝幅ほどに切り分け、にんにくをおろす。

 2.フライパンにオリーブオイルを熱し、
   1.を入れて、混ぜながら炒める。

 3.塩で味を整えて出来上がり。
 
 
2013.04.19 / Top↑
 ご無沙汰しております。

 試験は落ちてしまいました(@ @)
 次は6月なのでめげずに勉強してきます。

 試験疲れが出たのか、顔がかぶれてきてしまいました。
 時期的に、ヒノキ花粉症っぽいのですが・・・。
 しかも、仕事しているとファンデ等の粉が飛んでくるので、顔中とても痒くて辛いです。

 写真は撮っているのですが、思考がまとまらずレシピがちゃんと書けないので、
症状が落ち着いたらまた再開します。
 仲良しのブロガーさんのブログにも遊びにいきたいのですが・・・。
 (コメントが残せていませんが、こっそり拝見しています[壁]_・)チラッ)
 
 写真だけたまってきてしまったので、載せておきます。
 体調治ったら更新したいです。
 
IMG_0102.jpg

IMG_0101.jpg

IMG_0065.jpg

 
2013.03.26 / Top↑
IMG_0060.jpg

 豚ロース肉の生姜焼きです。
 お肉は、塩麹につけて、そのまま焼きます。
 塩麹がこげやすく、すぐに焼き色がついたようになるので、
そこにタレを絡めて出来上がりです。

 生姜を良く洗って、皮ごとすりおろします。
 時間短縮に、フライパン上ですりおろしてしまいます。

 「豚ロース肉の生姜焼き」

 人数:4人分 時間:10分

 材料

 ・塩麹 適量

 ・豚ロース肉 12枚

 ・生姜 一かけ
 
ー以下、Aー

醤油、酒、砂糖 大さじ3ずつ

 作り方:

 1.ロース肉の両面に塩麹をまぶして置く。その間に、Aの調味料を混ぜておく。

 2.熱したフライパンに油を敷き、ロース肉を入れて両面軽く焦げ目をつける。

 3.フライパンに調味料を入れ、上から生姜をすり入れて入れる。
   ロース肉全体に絡めて、火が通ったらできあがり。
  
  気に入られたレシピがありましたら、押していただけると励みになります。
よろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



人気ブログランキングへ
 
 
 
 



 
2013.03.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。